長野県で注文住宅の木の家工務店 県産材で木造住宅 OMソーラーでゼロエネルギー住宅

芳原様邸

「積雪地でもりっぱに働いてくれています」

木島平

☆そもそもOMの家を選ばれたきっかけは?

 「最初は、OMの家に住む知り合いの先生に勧められたことです。次に宿泊体験をしてみて、よさが実感できました。そして、長野工業高校の建築科の先生から『OMソーラーのシステムはいいですよ』との話を聞いたことが決め手になりました。専門家が太鼓判を押すなら間違いないと思いました」

☆入居して、実際の住み心地は?

 「やっぱり冬のあたたかさは最高ですね。とにかく、帰宅したときにホワーッとしたあたたかさに包まれる、あの感じ…。なんともいえません。ここは寒さの厳しいところですから、うれしさもひとしおです。それに、家全体が同じようにあたたかいのもいいですね。OMソーラーハウスにして本当によかったと思い、今では自分たちが機会あるたびに勧めています」

☆真冬のOMソーラーの働きぶりはどうですか?

 「朝から晴れていれば、太陽の力だけで十分で、補助暖房は必要ありません。雪が降って屋根に積もっても、晴れればサッと落ちるように勾配をきつくしてあるので、すぐにパネルが現れて集熱が始まります。灯油の消費量は2週間で90ℓのペース。単純には比較できませんが、すぐ近くにある在来工法の実家と同じくらいです。とにかく、真冬でも週3日は晴れ間が出ますから、ここ木島平でもりっぱに働いてくれています」

☆なるほど。積雪にも負けない「たのもしいわが家」というわけですね。