長野県で注文住宅の木の家工務店 県産材で木造住宅 OMソーラーでゼロエネルギー住宅

久保田邸

「日ごとに山が姿を変えていくんです。それを見ているだけで、ここにこの家を建てた幸せをしみじみ感じます」みんなの思いと笑顔が詰まった家が家族をあたたかく見守ります

長野市安茂里

☆OMソーラーの家にしたきっかけは?

実は主人の実家が近くでOMソーラーの家。泊りに来るたび、その性能と良さも実感していました。今のところ日中の日差しだけで十分。家族が外から帰って来るたび『あったか~い』とまるで、口癖のように・・・

戸外は木枯らしが舞いそうな肌寒さですが、暖房を効かせてないのにほっこりとしたあたたかさでした。

☆近くで家づくりを見ていて感じたことは?

設計した徳武代表はじめ、棟梁、職人さん、各設備工事担当者さんなど全員がまるで自分の家を建てるように、ひとつひとつの作業や打ち合わせに手間暇かける様子には、驚かせられました。そして、上棟式・引渡式など節目節目を大切にしながら、丁寧に建ててくださったのが、家づくりってこうなんだと、そのたび感動しました。

☆家づくりの思い出は?

転勤を機に家を建てることを決め、「杜の家」見学を初め、「完成見学会」・各「住まい教室」へ参加したことを通じて子供たちに残す家は家族で参加しょうと思いました。室内の壁は、ほとんど全部家族と親戚、友人で塗りました。造作も大工さんの手伝いをしました。自分たちで手掛けたことにより、3人の子供たちもこの家に格別の愛着を持てたようです。

たくさんの人の思いがこもった家だから、大切に上手に暮らしながら、家族の年輪を刻んでいきたいと思います。