長野県で注文住宅の木の家工務店 県産材で木造住宅 OMソーラーでゼロエネルギー住宅

田中様邸

県産材のぬくもりとOMソーラーの自然な暖かさに包まれていつも家族を身近に感じる「夢の家」が実現しました。

長野市

☆選ばれたきっかけは宿泊体験と伺いましたが?

 「あえて冬に宿泊体験を申し込みました。ともかく暖かかった、気持ちよかったですね。健康的に暮らせる家と漠然と考えていた思いが、具体的な決意につながった体験でした」

空間を細かく仕切らない開放的な設計と、冬でも春の陽だまりにたたずむような心地よさを実感しながら、田中さんは家族が健康的に暮らすための家づくりのイメージをふくらませました。

☆長野県産材にこだわった理由は?

 田中さんのお住まいは1階は木曽ひのき、2階は北信杉を中心に使い、床はもちろん壁屋天井にもふんだんに木の風合いを生かす仕上げを施しました。

「素足で歩くと、木の質感の違いが肌で感じられるんです。森林県である信州に住む者としてこれは誇りです。しかも、無垢材特有のやわらかさや香りを実感できます。子供たちがこの感触を身体で覚えながら成長していくのも、大事なことのように思います。」

☆家づくりのテーマは?

 「もちろん冬暖かく健康で過ごせてることは大前提ですが、家のどこにいても家族がみんないつも身近に感じられること。OMソーラーと徳武さんに出会ったことで家族の「夢の家」ができたとしみじみ感じます」

あえて細かく壁で仕切らない間取りや、リビングを見渡せるこだわりキッチン、堀ごたつ式の段差を設けて居心地をよくした和室、棚やデスクを造りつけにすることで室内をスッキリ、日々の使い勝手を細やかに聞き取り、遊び心を加えた収納など田中さんご家族の笑顔が感じられる設計です。