長野県で注文住宅の木の家工務店 県産材で木造住宅 OMソーラーでゼロエネルギー住宅

土地探し、シロアリ対策・資金計画、質問・疑問に答えます

OMソーラー

QOMソーラーのランニングコストはどの位?

A
OMソーラーのランニングコストは、太陽電池で動くシステムなのでほとんどかかりません(自立運転型)。太陽が出ると自家発電をしてファンを動かし、熱を利用して床暖房したり、お湯を採ったりと働きます。だから太陽が出ないと働きません。冬、雪の日や、曇りの日は補助の暖房方法を使って空気を暖め、床暖房します。
電力料金がかかるのは強制的に換気をするときと、夏の夜間冷たい空気(放射冷却)を取り込むために使います。料金は暮らし方の工夫次第です。

QOMソーラーの欠点は?

A
天候に左右されてしまうことが悪い点だと思いますが、住んでいらっしゃる方からは、自然の力を工夫し、うまく利用しているので、地球のためになっていて、自然が身近に感じられる家だと喜んでいただいています。

QOMソーラーの家は吹き抜けが無くても大丈夫?

A
OMソーラーで作った暖かい空気を循環させ家全体、どこにいても暖かくするためには吹き抜けはあったほうがより効果的です。
しかし、当社はOMソーラーを25年近く建てさせていただいていますが、吹き抜けのないお宅もあります。設計の工夫などで、2・3階でもほぼ均一な環境を作ることは出来ます。

QOMソーラーを使わなくても暖かい家になりますか?

A
断熱気密性能の良い住宅を設計しています。(長期優良認定住宅=温熱環境最高等級4)
暮らしに合った暖房計画を考えたり、夏は風など自然の力を利用した設計の工夫で四季を感じられる快適な空間が作れます。

地震対策

Q地震対策はどう考えていますか?

A
地震に耐える設計をしています。(長期優良認定住宅=耐震等級2)「杜の家」環境共生仕様では構造を支える柱や梁は県産材を使っています。無垢で含水率12%以下の乾燥材を狂いのないプレカット加工により仕上げ、伝統的な木組みに近代的な金物を組み合わせて、建てています。
また、耐力は筋交いではなく、壁1面全面で強度をとりますので、横揺れにも強い構造です。
そして、もし万一ライフラインがストップしてもOMソーラーシステムは太陽さえ出ていれば自家発電により床暖房をしますし、お湯を貯めておく貯湯タンクには常に300Lの水が入っていますのでいざという時は利用可能です。
⇒長期優良住宅を詳しく知りたい

シロアリ

Q木の家で建ててもシロアリは心配ないのですか?

A
当社ではシロアリ対策に薬剤散布はいたしません。
施工段階での対策としては、
①被害の起きる可能性のある基礎の断熱は、土間下には断熱はせず、基礎の立上がり部分は内断熱としていますので、被害の可能性は低いです。
②土台や柱の木材がシロアリが食べにくい木曽桧を使っています。
③OMソーラーシステムにより建物の環境が乾燥しているため、シロアリが住みにくいです。(OMの良いところ)
④建物に近づくシロアリを常に見張って、発見したら根絶して、予防する「セントリコンシステム」を取り入れていますので安心です。
⇒セントリコンシステムを詳しく知りたい

見学会

Q見学会で何を聞いたら得する?

A
この建物何坪ありますか?この家の坪単価は?価格は?断熱材は?外壁材は?何を使っているのですか?いろいろ聞きたいことがあるはずです。
構造見学会・バス見学会・完成見学会・住まい教室どんな見学会でも一番大事なことは工務店と社長を面接することです。社長の家づくりへの思い・方針や性格は、その工務店の家づくりに大きな影響を与えます。じっくり観察してゆっくりと滞在して"居心地のよさ"も体感してみてください。
⇒見学会・イベント情報を見る

アフターケア

Qアフターケアはどうなっているの?

A
私たちが建てた家は、ご家族がその家に住み継ぎ暮らし続ける限りお付き合いをさせて頂きたく考えております。
建築時の記録・定期点検・緊急アフター・毎年のアフター訪問など住宅履歴としてカルテを作り誰でも一目で対応できるよう保存しています。3ヶ月、6ヶ月、1年、その後は毎年、定期点検を実施しています。点検時期になりますと、ご連絡致しますので、不具合な点をチェックしておいて下さい。点検・補修した手入れした家は経年変化により美しさを増す家となり家の寿命も延びます。

お金の話

Q私の家は補助金は使えるの?

A
一生に一度の大きな買い物である家づくりの予算は限りがあります。
新しい暮らしは快適、安全、安心にと考えると性能や耐久性は高いに越したことはありません。
ただし、それにかかわる費用に頭を悩ませてしまうことも多いでしょう。
そこで国や地方自治体が、性能やシステムなどに対してバックアップするのが補助制度です。
しかし、補助制度を受けるには条件や申請・審査の伴う煩雑な事務処理や制約があります。
過去15年さまざまな補助制度申請にかかわってきたうれし徳武建設はその実績を生かしてあなたの家づくりに上手に利用できる方法を考えます。
⇒もっと知りたい方は「イマコレ相談会」へ

●ふるさと信州・環の住まい
http://www.pref.nagano.lg.jp/kenchiku/kurashi/sumai/shien/ninte/index.html
●長期優良認定住宅
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html
●地域型住宅グリーン化事業
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000095.html

Q住宅ローン選びに迷ったら

A
多くの方は住宅ローンの場合、0.1%でも低い金利で千円でも安い月の支払額がどれなのかをポイントに探します。
また、一般的に営業マンは売り上げを上げる為に月の支払額が安いことを主張し、より多くを借入出来る様に変動金利を消費者に勧めます。
しかし将来的に金利上昇した際に、繰り上げ返済が出来る預金に余裕のある方は変動金利をお勧めしますが、収入や将来の支払に不安がある人や将来的な預金に余裕が無い方は、固定金利がお勧めです。
しかしなによりも、住宅ローンを選ぶ前には必ず生涯においてのお金の計画たてて下さい。
家族が生涯において借りてもいい住宅ローンを算出するための大事な計画です。
⇒もっと知りたい方は勉強会へ

Q使っていい住宅予算が解らない

A
ライフスタイルや家族構成はそれぞれ違いますが、住宅計画の基本的な順番は皆さん同じです。
 ①買っても良い住宅購入予算を出す
 ②家族に必要な建築面積を出す
 ③その建築面積に必要な建築予算を出す
この住宅計画をするにはあなた自身、学んで自分自身を知らなくてはなりません。
そして、専門家の一級建築士とファイナンシャルプランナーのアドバイスを受けることをお勧めいたします。
⇒もっと知りたい方は勉強会へ

業者選び

Q業者選びに迷ったら

A
業者選びをする時、一番大切なことは、家づくりに対する代表者の姿勢を知ることです。なぜなら、それぞれの住宅業者は、代表者の考え方に基づいて家づくりをしているからです。小規模な業者の場合、その影響力は特に大きいものです。代表者と接触する機会が多い人と話すことで、その会社の方針や姿勢は、ある程度分かるものです。
⇒代表者面談ご希望の方はこちら

土地探し

Q土地がなかなか見つからない

A
その原因は土地を見すぎているからです。取りあえず土地を見に行ってしまうと見に行くたびに希望ばかりがドンドン増えて決められなくなってしまうからです。そして買っていい予算が解らなくなってしまいます。土地を見る前にまずは3つの事を知ってください。
 ①家族に必要な適正建築面積
 ②それを建築するのに最低必要な敷地面積
 ③土地に掛けられる諸経費を含めた予算 ⇒3つの数字を算出するお手伝いはこちらから

3つの数値が出たら7つの行動を順番に行ってください。
 ①暮らしから、希望エリアを決める
 ②そこを家族でドライブして住環境を見る
 ③そのエリアの最低必要敷地面積以上で予算以内の土地の物件データを収集(お手伝いできます)
 ④ここぞと思う物件が出てきたら、建築のプロである建築会社に同行をお願いして見に行く(お手伝いできます)
 ⑤土地にかかるだろう予算や、土地条件を建築のプロにアドバイスしてもらう(お手伝いできます)
 ⑦その土地が70%OKなら“買い”です!
⇒もっと知りたい方は勉強会へ