【地球環境と幸せを考える長野市の工務店】太陽光発電の設置を考える

【地球環境と幸せを考える長野市の工務店】太陽光発電の設置を考える

   

おはようございます。
(●^o^●)
あなたは十二分に塩分+水分+栄養補給+睡眠をとり
体調を管理しながら
目の前の大切な人と共に夏をお楽しみください。

今日も
あなたが幸せに包まれますように心よりご祈念を申し上げます。

写真は息子が山梨県北杜市明野で撮らせていただいた
向日葵です。

   
写真は
太陽恵みで
暖房・発電・給湯・換気が出来るOMソーラー生活展示場 杜の家
ビオトープの庭の桔梗です。私の幼いころはお盆の花と思いますが
昨今の温暖化が影響し早い開花ですね。

今日も
あなたとお話しできる幸せを心より感謝を申し上げます。

梅雨明けの早かった今年の夏は長くなりそうですね。
毎日の強い日差しを見ると
太陽光発電の設置を考える方も多いかと思います。

太陽光発電の夏のメリットは
太陽の強い日差しではなく、日照時間の長さと天気の良さにあると考えられ、
真夏の8月を1ヶ月間トータルで計算すると、
冬よりも夏のほうが発電量が多いですが事実ですが、

実はそうではない場合もしばしばあります。
設置している環境にもよりますが、
春、秋に発電量のピークを迎えることが多いようです。

これはなぜかというと、
「温度が上がると太陽光パネル変換効率が下がる」からです。
これはどういう意味かというと、
「温度が暑すぎると太陽光パネルの能力が落ちてしまう」ということです。

太陽光パネルも夏バテするわけです。
しかし、
太陽光発電システムの人気は相変わらずですね。
ただ、
そのために人材育成が追いつかないのが現状です。
経験不足な施工業者が原因で、雨漏りなどのトラブルが後を絶たないんです。
システム自体の
性能が良くても、設置担当者が未熟なケースもありますから。
施工不良によるトラブルに対しては、
ほとんどのメーカーが「基本的には施工者が責任を負う」としています。

万が一に備えて、施工業者に賠償責任保険の加入を勧めているものの、
それを全メーカーが義務付けているわけではありません。

新築住宅の場合は、
10年間の瑕疵担保保険の加入が義務付けられていますから、
万が一の時も安心ですよね。

しかし、
太陽光発電の設置に保険加入は義務付けられていません。
ちなみに、
屋根にパネルを設置するときの方法は各メーカーで異なります。

数社の製品を取り扱っている施工業者によると、
ちょっとした違いなので、間違えそうになることもあるとか。

メーカーでは、施工研修を行い、
それぞれで人材育成をしていますが、施工実績などによっても、
施工業者のレベルには大きな差があります。

産業技術総合研究所によると、
太陽光発電に関わる雨漏りなどのトラブルは、
全体の25%を占めています。

4件に1件も発生しているんですから
「自分の家だけは安心」なんて言っていられませんんね。

ところで、最近は、インターネットなどで勉強して
業者に質問する人が多いので、業者も大変なんだとか。
でも、
お客さんからの質問を「大変」と感じる時点で
「この業者、大丈夫?」って思いませんか?

あなたが太陽光発電システムを設置する時は、
家の業者選びの時と同じように慎重に選んで下さい。

(●^o^●)
私のメルマガ
「失敗しない家づくりの秘訣」も
お読みくださいね。
詳しくはここをクリックくださいね。
では、
あなたに明日も
お会いできることを楽しみにしています。

今日も
世界の全ての存在が平和でありますように
あなたの今が幸せでありますように
心よりご祈念を申し上げます。
今ここに
人生から与えられた使命を持ち
生きられることに
支えて頂く全ての存在に

感謝合掌(●^o^●)

太陽で
床暖房+換気+給湯+採涼する

長野県下NO1うれし徳武建設㈱
国が認める「低炭素住宅」長野市認定第1号
   

   

   

   

         


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です