【地球環境と幸せを考える長野市の工務店】外壁も屋根もいたわりましょう!

【地球環境と幸せを考える長野市の工務店】外壁も屋根もいたわりましょう!

おはようございます。
(●^o^●)
最近、梅雨末期を思わせる雷雨には本当に驚きますね。
気温の変化も大きな
本当に体調管理の難しい毎日ですね。
あなたは
目の前の大切な人と共に夏をお楽しみですか?
十二分に塩分+水分+栄養補給+睡眠をとり
体調を管理しながら
二度とない人生の今を楽しんでくださいね!
・・・糖分の取りすぎは要注意です・・・
今日も
あなたが幸せに包まれますように心よりご祈念を申し上げます。

写真は
太陽恵みで
床暖房・発電・給湯・換気・採涼が出来る
OMソーラー生活展示場 杜の家
ビオトープの庭の今+ご近所のサルスベリのお花です。

今日も
あなたとお話しできる幸せを心より感謝を申し上げま

あなたは、
今の住まいの壁をまじまじと見たことはありますか?
傷んでいないようでも、
間近で見ると、変な隙間や亀裂がある場合があるんですよ。

日本屋根外装工事協会によると、あなたにお願いしたいチェック内容は、

・塗装表面の状態
・シーリング部分の状態
・外壁材の状態

の3つです。
傷み具合がひどくなると、
メンテナンス費用がかさむので、定期的にチェックしてください。

さて、外壁より難しいのが屋根のチェックです。

屋根は、
ほんの少しの隙間から浸水します。
そして、瓦の下の野地板を腐らせてしまいます。
築10年を超えた家に多いんですが、施工不良や災害などで、
築10年以内の家でも劣化している場合があります。

ところであなたは、
2階の窓から1階の瓦の上に布団を干したことがありますか?

その時に瓦が動いたり、その下の防水シートが傷んだかもしれません。
もしおかしいと感じたら、業者に点検依頼した方が安心ですよ。

また、太陽光発電などを後付けした場合も注意が必要です。
知識が浅く、
設置してはいけない場所に設置する業者がいます。
瓦の知識がない作業員だと、
雨漏りの原因を作り出すことがあるんです。

ですから、
そんなときは屋根工事の熟練者がいる業者を選んで下さいね。
一般的に、
新築後の屋根の点検は5年か10年に1回ほどです。
あとは
台風などの後に、あなたから依頼して点検してもらうくらい。
家を守る大切な場所なのに、なかなか目が行き届かないのが実情です。
ちなみに、業者が屋根の補修や葺き替えをした時に、
野地板が劣化していた経験は97%にも上るとか。

また、築10年を過ぎるころから

「お宅の屋根は瓦がずれています。傷んでいるので危険です。」
という訪問営業が多くなると聞きます。
しかし、実際に屋根を見ることもなく
「一式○○万円」といった
見積もりを提示する業者は、絶対に信用してはいけません。
そうは言っても、
普段、屋根や外壁をチェックしていなかったら不安になりますよね。
気になる営業マンがいる場合には、まずは

「あなたの会社は建設業法の許可業者なんですか?」

と確認をして下さい。

許可業者なら、
その地域で10年以上営業しているということなので、
多少の目安にはなります。

屋根も外壁も、あなたの家族を守るために頑張っています。
時々気にかけてあげてくださいね。
(●^o^●)
私のメルマガ
「失敗しない家づくりの秘訣」も
お読みくださいね。
詳しくはここをクリックくださいね。
では、
あなたに明日も
お会いできることを楽しみにしています。

今日も
世界の全ての存在が平和でありますように
あなたの今が幸せでありますように
心よりご祈念を申し上げます。
今ここに
人生から与えられた使命を持ち
生きられることに
支えて頂く全ての存在に

感謝合掌(●^o^●)

太陽で
床暖房+換気+給湯+採涼する

長野県下NO1うれし徳武建設㈱
国が認める「低炭素住宅」長野市認定第1号
   


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です