【地球環境と幸せを考える長野市の工務店】世界で自転車シェアリング

【地球環境と幸せを考える長野市の工務店】世界で自転車シェアリング
   

おはようございます。
(●^o^●)
あなたは十二分に塩分+水分+栄養補給+睡眠をとり
体調を管理しながら
目の前の大切な人と共に夏をお楽しみください。

今日も
あなたが幸せに包まれますように心よりご祈念を申し上げます。

写真は
太陽恵みで
床暖房・発電・給湯・換気・採涼が出来る
OMソーラー生活展示場 杜の家
ビオトープの庭の今です。

今日も
あなたとお話しできる幸せを心より感謝を申し上げます。
今日は
枝廣淳子の環境メールニュースをあなたにお読みいただきますね。 

今日の首都圏は涼しくて気持ちのよいお天気です。こういう日には走りに行きた
くなります(^^; 自転車も気持ちよさそうですね!

アースポリシー研究所から届いた、世界の自転車をめぐるわくわくする状況につ
いてのプレスリリースを実践和訳チームのメンバーが訳してくれましたのでお届
けします。世界で自転車シェアリングに使われている自転車は50万台ですって!

グラフなどはこちらからご覧下さい。
http://www.earth-policy.org/plan_b_updates/2013/update112

~~~~~~~~~~~~~ここから引用~~~~~~~~~~~~~~

広まる自転車シェアリング・プログラム、500を超える世界の都市で自転車が快走

ジャネット・ラーセン
http://www.earth-policy.org/plan_b_updates/2013/update112

ワシントンDCでは、政治家も、ロビイストも、旅行者も、誰もがホワイトハウス
と国会議事堂を結ぶ専用の印がついたレーンを自転車で走行できる。これは、今
や街を縦横無尽に走る全長約190キロメートルの自転車レーンの一部だ。

コペンハーゲンでは、自転車の走行スピードに合わせて色が青に変わる信号
「green wave(緑の波)」に従って自転車で職場にたどり着ける。中国で「最も
幸せな都市」杭州では、大部分の一般道路に物理的に区分けされた自転車専用道
路があり、住民は公共交通機関から自転車道へ簡単に乗り入れることができる。

さらに、メキシコシティーでは毎週日曜日になると、約1万5,000人のサイクリ
ストが、車が通行止めになった目抜き通りに集結する。何よりもすごいのは、こ
うした場所では自転車を持っていない人でさえ誰でもすぐ自転車に乗り換えられ
ることだ。自転車シェアリングの時代にようこそ。

サイクリストは長い間、自動車のドライバーに「道路の共有」を懇願してきた。
現在共有されているのは道路だけではない、自転車そのものも含まれる。先見の
明のある都市は、移動のしやすさの向上、交通渋滞の緩和、大気汚染の減少、健
康増進、地元企業の支援、若者の誘致を担う一手段として、地味な自転車に再び
注目している。

都市化が進む世界では、強固な輸送ネットワークに組み込まれた自転車シェアリ
ング・システム――短い距離の移動に公共の自転車を使う分散型ネットワーク―
―を歓迎する人がますます増えている。人々は自家用車を持つことを通過儀礼と
捉えるより、むしろ煩わしいと考え始めているのだ。

今日では、49カ国で500を超える都市が、高度な自転車シェアリング・プログラ
ムを実施しており、その台数は合わせて 50万台を超える。都市交通のアドバイ
ザー、ピーター・ミジリーによると、「自転車の共有は、地球の歴史のなかで、
どの交通機関よりも速いスピードで成長している」。

確かに1965年からというもの、状況は大きな進歩を遂げた。当時、アムステルダ
ムでは、誰でも無料で使えるように、白く塗られた50台の自転車が街のあちらこ
ちらに置かれていた。残念ながら、自転車の多くはすぐになくなったり、壊され
たりした。

1990年代になると、デンマークの数都市では、専用の自転車ラックや返却時にお
金が返ってくるデポジット制度を利用した、よりルールの厳しいシステムが導入
され始めた。コペンハーゲンの有名な「Bycyklen(シティ・バイク)」プログラ
ムは数多くの都市のモデルとなり、2012年末に終了するまでの17年間で1,000台
以上の自転車が導入されている。2013年には時代に合ったシステムに移行される
予定で、そうなれば36%とすでに高い自転車通勤の割合を50%まで増加させると
いうコペンハーゲンの目標達成に役立つだろう。

(グラフ)自転車シェアリング・プログラム導入国数 2000年1月~2013年4月

現在の自転車共有システムでは、初期のプログラムがうまくいかない原因となっ
た盗難や破壊が大幅に減っている。これは、盗んでもほとんど価値のない特殊な
部品を使った、特定が簡単な特製自転車の導入や、無線やGPSを利用した自転車
の所在地の監視、自転車の貸し出しにおけるクレジットカードでの支払いやスマー
トカードの会員登録の義務付けといった方法で実現した。

ほとんどのシステムでは、日・週・月・年ごとの会費を払うと、目立つ自転車ラッ
クや電子管理されたドッキングステーションに施錠された自転車に乗ることがで
きる。短い時間(通常1時間を超えることはない)なら追加料金がかからず、返
却はシステム内のどのステーションでもかまわない。プログラムで決められた時
間よりも長く乗る場合は、利用できる自転車の台数をフル活用するために、一般
的に追加料金が発生する。

オランダとデンマークでは自転車文化がかなり普及していたが、1998年に世界を
第3世代の自転車シェアリングへと導いたのはフランスだった。広告代理店クリ
ア・チャネル社がレンヌ市の自転車200台を使い、世界初のコンピューターを利
用した公共のプログラムを始めたのだ。

2005年には3番目の大都市リヨンで、自転車1,500台とセルフサービスタイプの
自動ドッキングステーション約100カ所を使ったプログラムVelo’V (ヴェロヴ)
が始まり、フランスは自転車大国の仲間入りを果たしている。初年度で自転車利
用者数が44%と明らかに増加したヴェロヴの成功は、大規模な自転車シェアリン
グ黎明期のきら星、パリのVelib’(ヴェリブ)への道を開いた。

ヴェリブは2007年に自転車1万台、ステーション750カ所で始まり、その数はすぐ
に倍増した。2012年末には、年契約の会員数が22万4,000人以上とも言われ、利
用回数も1億3,000万回を超えた。このプログラムは、広告代理店JCドコー社が
街頭広告で10年契約を結び、資金提供している。

プログラム開始以来、通りを走るサイクリストの数は41%増加し、パリの街を走
る自転車は3台に1台以上が共有自転車になった。ただし、交通に占める自転車
の割合はわずか3%にすぎないため、成長の余地はまだ十分にあり、そこが狙い
目だ。

自転車シェアリングは、パリの自動車の交通量と公害を減らす大規模な計画の一
部である。例えば、週末にはめぼしい大通りから自動車を占め出す、制限速度を
下げる、大量輸送の効率を上げるために道路の一部をバスの専用レーンに指定す
る、2014年までに自転車レーンを700キロまで伸ばす、といった対策はすべてパ
リのベルトラン・ドラノエ市長が支持したもので、市長は「この時代、もはや大
都市に自動車の居場所はない」と話している。

一方、イタリアとスペインでは、雨後のたけのこのようにさまざまなプログラム
が登場していた。ピーター・ミジリーのデータによると、2007年にイタリアには
47件の自転車シェアリング・プログラムがあり、スペインは36件、フランスは18
件だった。その多くは規模が小さく、自転車の台数も数千単位ではなく数十単位
である。

しかし、際立つものもあった。スペインを代表するバルセロナのプログラムは
2007年にサービスを開始した途端、大いに人気を博した。それまで自転車通勤の
経験がなかった多くの人たちが自転車に乗ろうとしたのだ。その結果、2008年に
は、自転車台数が4倍の6,000台まで伸び、プログラムを周辺自治体まで拡大す
る計画を立てた。

セビリアでも、この大都市を車だけでなく人にも優しい場所にすばやく変える改
革の一環として、2007年に自転車シェアリングが始まった。5年も経たないうち
に、ほぼゼロだった自転車の利用が全移動手段の6%を占めるまでに躍進した。

2012年後半には、スペインは個別の自転車シェアリング・プログラム件数が132
件と世界のトップを走る。イタリアは104件、フランスは37件である。2009年か
ら2010年にかけては新たな好機の波が押し寄せ、ドイツが自転車先進国の仲間入
りをしている。現在のプログラム数は43件で、この中には専用ステーションを必
要とせず、携帯電話から自転車の位置の把握とアクセスが可能なプログラムもい
くつかある(データ参照)。

その他の欧州各国ではプログラムの数こそ少ないものの、積極的に活動を展開し
ているプログラムもある。自転車550台を導入したダブリンのシステムは会員数
が多いだけでなく、1台あたりの利用回数も非常に多い。

ロンドンでは、Barclays Cycle Hire(バークレイズ・サイクル・ハイヤー)の
システムが6,000台の自転車で2010年に始まり、現在では自転車台数が8,000台以
上に増えている。ロンドンでは市長ボリス・ジョンソンが推進する「自転車革命」
の一環として、新たに自転車専用道路と「スーパーハイウェイ」を導入中で、こ
の10年で自転車での移動を倍増させようとしている。

オランダでは、別のタイプの自転車シェアリング・プログラムを国営鉄道会社が
実施、約5,000台の自転車が駅や通勤に便利な場所で利用できるようになってお
り、その数は240カ所を超える。今まさに自転車シェアリング時代の到来を迎え
ようとしている東欧では、ワルシャワが2012年8月に1,000台の自転車でプログ
ラムを開始し、最初の1カ月で利用回数が13万回にのぼった。現在では約2,500
台の自転車が共用されている。

自転車シェアリングの熱は、東アジア、オーストラリア、南北アメリカにも伝播
している。自転車シェアリングに詳しいラッセル・メディンは、ドバイでも2013
年2月にプログラムが1つ始まったと伝えている(メディンは、ポール・デマイ
オと共に、世界の自転車シェアリング・プログラムの状況を地図化し、記録して
いる)。

長らく自動車王国だった南北アメリカでは、最初の大規模な第3世代の自転車
シェアリング・プログラムは2009年にモントリオールで始まった。現在同市は
5,120台の自転車と400カ所を超えるステーションを備え、自転車レーンや専用道
路の強靱なネットワークの活用を進めている。

トロントでは1,000台で行っている自転車シェアリングのしくみを拡大する計画
で、バンクーバーとカルガリーでも、カナダのほかの都市と同じように、数年の
うちにプログラムが始まる予定である。

メキシコシティーが2010年に約1,000台の自転車で「Ecobici(エコ自転車)」プ
ログラムを開始した際、会員数は瞬く間に年間3万人という定員に達し、熱心な
希望者には空きが出るのを待ってもらうことになった。その後同プログラムは4
倍の規模になり、中南米の十数カ所で行われている中で今も最大である。

中南米のプログラムのほとんどはブラジルで行われており、実際サンパウロでは、
自転車シェアリングのベンチャービジネスも複数生まれている。アルゼンチンの
ブエノスアイレスでは、2010年に試験的なプログラムが始まり、現在では1,200
台の共有自転車があるおかげで、より多くの自転車がクルマの往来に立ち向かい、
世界一幅広い道路として知られる通りを横切ることさえできる。

チリのサンチアゴでは、ある地区で行われている180台の自転車と18カ所の有人
ステーションのプログラムを、4年以内に自転車3,000台とステーション300カ所
に拡大できるような、大規模な自動システムを今年中に展開し始める計画である。

米国各地で自転車シェアリング・プログラムが次々と生まれている。実際、大規
模な都市で、自転車シェアリングを選択肢として検討さえしていないところを探
すのは難しい。2013年4月現在、米国では現代的な公共プログラムが26カ所で実
際に動いており、その数は向こう1~2年のうちに倍増しそうである。

2013年初頭における米国最大のプログラムはキャピタル・バイクシェアで、ワシ
ントンDCおよび近郊の200カ所のステーションに1,800台以上の自転車を備えてい
る。2番目は、ツインシティーズ(ミネアポリスおよびセントポール)にまたが
る170カ所のステーションに1,550台を擁するナイス・ライド・ミネソタ。

ボストンを中心とする都市圏には1,100台の共有自転車がある。マイアミビーチ
では、すでに使われている1,000台に加え、今年隣市のマイアミに拡大する際に
500台を投入する予定である。

さらにデンバーでは、500台弱の自転車を2013年には700台に増やすことを目指し
ている。デンバーは15を超える都市の公共プログラムで構成されるBサイクルグ
ループに加盟しており、その会員になると、マディソン、フォートワース、フォー
トローダーデール、サンアントニオ、シャーロット、カンザスシティーなど、ほ
かの都市に旅行に出かけても自転車を利用できる。

2013年、これから新規参入する事業者のおかげで、米国における既存の自転車台
数はわずかなものに見えるだろう。大いに期待されているニューヨークのシティ
バイクプログラムは、マンハッタンとブルックリンに自転車5,500台と293カ所の
ステーションを5月に展開し始める予定で、最終的な目標台数は1万台としてい
る。

シカゴでは6月に開始して、2014年には自転車を4,000台、ステーションを400カ
所に増やそうと計画している。南カリフォルニアは、ロサンゼルス(4,000台)、
ロングビーチ(2,500台)、サンディエゴ(1,800台)で始まるプログラムで、大
々的に自転車シェアリングに参入するだろう。

北カリフォルニアでは、サンフランシスコとベイエリアの鉄道路線南側の街にお
ける最大1,000台の試験的なプロジェクトが、最終的には1万台を見込んだプロ
グラムの幕開けになると期待されている。

このような増え方も印象的だが、アジアでは、それとは比べものにならないよう
なめざましい進歩が見られる。カリフォルニア大学バークレー校のスーザン・シャ
ヒーンと同僚によれば、アジアの自転車シェアリングは1999年にシンガポールで
始まった。このプログラムは2007年まで続いたのだが、現在のシンガポールには、
2つの自転車シェアリングがある。1つは従来型で、もう一方はカーシェアリン
グの会社が運営し、電動自転車を提供している。

韓国では2008年から2010年の間に6つのプログラムが始まり、そのうちの1つは
現在4,600台を保有する昌原(チャンウォン)と3,000台の高陽(コヤン)である。

日本では以前から通勤時に駅まで自転車を使う習慣があり(その証拠に、首都圏
には210万台の駐輪スペースがある)、2009年から2012年の間に9つの自転車シェ
アリングが始まった。

自転車の輸出で大きな収益を上げている台湾にも、自転車シェアリング・プログ
ラムが2つある。しかし、自転車シェアリングの威力を世界に見せつけているの
は「自転車大国」の中国である。

2013年の始め、中国には79の自転車シェアリング・プログラムがあり、合計する
と実に約35万8,000台もの自転車を有している。輸送調査委員会の第92回年次会
合に向け、2012年の終わりに用意された同済大学のヤン・タン氏とその同僚の論
文によると、事業拡大もしくは新規事業のおかげで、中国における共有自転車は、
間もなく100万台近くにまで急増する可能性があるという。

世界一の自転車シェアリング・プログラムは、中国で6番目に大きな都市である
武漢にあり、900万人の人口に対して9万台の共有自転車を擁している。武漢は
最近、杭州から首位の座を奪った。

6万9,750台の自転車シェアリングのしくみを持つ杭州は、2008年に中国本土初
のコンピューター化された自転車シェアリングを立ち上げ、自転車ステーション
をバスや地下鉄のネットワークに統合した。その結果、1枚の乗車券ですべての
交通手段が使えるようになり、バスに乗り換えたときに自転車の追加料金無料サー
ビスを受けられるようになった。杭州のシステムは2020年までに17万5,000台規
模にまで成長する可能性がある。

自転車シェアリングを拡大し専用のインフラ整備を進めることで、中国に広まる
クルマ社会に対抗できるかもしれない。急成長する都市では、ラッシュアワー時
ともなると実質的に車道は駐車場になってしまう。

株洲では、2011年に2万台の自転車によるプログラムが始まると、(中国にして
は少ない)わずか5%に下がっていた自転車による移動の割合が10%に跳ね上がっ
たという。自転車による移動のうち、推定70%は共有自転車によるものだ。

杭州では、2000年に43%だった自転車の割合が2007年には34%に落ち込んでいた
が、自転車シェアリングが導入された後、2009年には37%にまで回復している。

1980年代の北京では、全移動手段の半分以上が自転車によるものだったが、2007
年までにこの割合は23%まで落ち込んだ。しかし、多くの自動車やトラックが北
京の道路にあふれるようになると、自動車の平均速度は1994年の時速45キロメー
トルから2003年には13キロメートル以下に落ちた。北京市は、2012年に2,000台
で自転車シェアリング・プログラムを始め、2015年までに自転車台数を5万台に
一気に増やす計画だが、その効果を計るにはまだ早い。

自転車シェアリングを進める都市は、交通手段の選択肢として自転車を促進する
ことで、誰もがいっそう移動しやすくなり、道路の安全にもつながることに気づ
いている。自転車シェアリングは、公共交通機関と自宅や職場を結ぶ手段を提供
し、人々とバスや地下鉄網をつなぐのにピッタリだ。

自転車をいつでも使えるようにしておけば、試しに自転車に乗る人が増え、ひと
たびその便利さ、スピード感、コストの安さに気づけば、人々は自転車レーンや
専用道路、駐輪場など、自転車用のインフラをもっと改善するようにと主張し、
さらにより多くの人が参加しやすくなるだろう。こうした「好循環」のおかげで、
みなさんの街にも自転車シェアリングが登場する可能性がグンと高まるのだ。

# # #(翻訳:保科京子、小島和子)
以上です。
私も中学を卒業し東京の新聞店で
住み込みで新聞配達をしながら学校に行っていたので自転車の便利さを
知っています。お客様との打ち合わせの中でも最近、通勤にサイクリングと
話題に上っています。
長野市にも有名なオーダーメイドの自転車店も有るとお聴きしたので
自分の体形に合わせた自転車を購入しようかと思い始めました。
今は設計管理の勇太さんが会社に置いてある8,000の自転車を共有しています。

(●^o^●)
私のメルマガ
「失敗しない家づくりの秘訣」も
お読みくださいね。
詳しくはここをクリックくださいね。
では、
あなたに明日も
お会いできることを楽しみにしています。

今日も
世界の全ての存在が平和でありますように
あなたの今が幸せでありますように
心よりご祈念を申し上げます。
今ここに
人生から与えられた使命を持ち
生きられることに
支えて頂く全ての存在に

感謝合掌(●^o^●)

太陽で
床暖房+換気+給湯+採涼する

長野県下NO1うれし徳武建設㈱
国が認める「低炭素住宅」長野市認定第1号
   

   

   

   
      


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です