【地球環境と幸せを考える長野市の工務店】お互いを信頼して家づくりを進めるために

【地球環境と幸せを考える長野市の工務店】お互いを信頼して家づくりを進めるために

写真は
近くの花屋さんで撮らせていただいた冬を彩るお花です。

おはようございます(●^o^●)

あなたは元気に
素晴らしい休暇の朝を迎えましたか?
一年間
本当に御苦労様でしたね。
目の前の大切な人と共に
素晴らしい2013年まで後1日

十二分にお体を
防寒+ウガイ+栄養+休養+手洗いで養生くださいね。
朝晩は
路面が凍結しています。
車の運転には十二分にご注意くださいね。
二度とない人生の今を楽しみましょう。

今日も
あなたとお話できる幸せに心より感謝を申し上げます。

今日は
契約前に多いトラブルについてお話しますね。

初めての新築は、分からないことだらけですね。

それに加えて、
業者の仕事の進め方や地域の慣習などに振り回され、

苦労する人も多いようです。

そこで、今回から、

契約前から入居までの
いろんな不安やトラブルについてお話しします。

1回目の
今日は、打ち合わせのトラブルについてです。

契約するまでには何回も打ち合わせをし、

予算・家族構成・暮らし方など、たくさんの情報を業者に伝え、

それらをもとにプランを練り上げていきます。

この時によくあるのが、

「私は確かに伝えたのに、
業者が『そんなことは聞いていません』と言う」

というトラブルです。

このトラブルの一番の解決法は、

『言った言わない』をなくすために、きちんと記録を残すことです。

あなた自身は
話したことを覚えていても、それを相手が覚えていないのなら

「聞いていません」

と言われますよね。

逆もまた同じです。

もし
あなたが一番こだわっている部分を業者が聞き逃して、

そのままプランを作成されたら、

あなたは
当然不信感を抱くでしょうし、そこに依頼はしたくはないでしょう。

実際、契約前に
『業者にお任せ』とか『なあなあ』で話し合いを進め、

間取り・仕様・金額・工期などをはっきりさせないままにした結果、

契約時に
口論になったり、契約解消になる事例も多いものです。

大手ハウスメーカーなどの場合、よく

『打ち合わせのたびに
複写の用紙にメモをして、それをお互いが保管する』

という方法を使います。

ただ、一部の内容について
メモを取ることを忘れる、ということもあるので、

受け取ったらその場で
目を通して、その場で間違いを指摘しないといけません。

「子どもに手が掛かったから、
数日経ってから目を通し、間違いに気づいた」

と連絡しても、相手が

「そんなことは聞いていません」

と言ったらツライですよね。

特に忙しい業者の場合、
一人で多くのお客さんを担当している事が多いもの。

「そんな人が、数日前の会話を完璧に覚えているわけがない。

 だから、
間違いなく進めるために、その場で自分が責任を持って確認しよう」

という位の気持ちを持つことが大切です。

私の知人にも、同じような体験をした人が数人います。

笑い話で
済ませた人もいれば、他社と契約した人もいます。

小さな不信感は、家に愛着を持てなくなる原因にもなります。

甘く見てはいけませんよ。

最近は、打ち合わせ内容を全て録音する人が増えています。

これなら、『言った言わない』のトラブルがなくなるだけでなく

自分の復習にも役立ちます。

「あれを聞くのを忘れた。次回、きちんと確認しよう」

とか、

「営業マンのこの説明は曖昧で不安だ。分かるまで説明してもらおう」

と、再確認できるので便利ですね。

ところで、
良心的な業者が多い中で、まれに困った人がいます。

契約を得るために、お客さんに都合のいいことを言ったり、

うまくごまかそうとする人です。

そもそも、そんな人とは契約してはいけないのですが、

いろんな事情で断りきれず、不信感を抱きながら話を進める人もいます。

もし一度でも不信感を抱いたのなら、ぜひ録音してください。

それも、こっそりするのではなく

「自分の復習用に」

と、堂々と録音しましょう。

そうすれば、相手もいい加減なことは言えなくなります。

ただ、

「あなたの言動に不信感を感じているから録音します」

とストレートに言うと、相手にも不信感を抱かせますから、

そこはうまく立ち回りましょう。

感情的になるのは、一番良くないことですからね。(#^.^#)

極端なことを話しましたが、

ほとんどの場合は複写で記録を残すくらいで十分です。

ただ、

「あの話は記録していないじゃないか」

ということが
1回でもあれば、録音してみるのもいいですよね。

あなたは、
自分で家を建てられないから業者にお願いする。

業者は、
あなたの家を建てさせていただくことで家族を養える。

お互いに、とても大切な存在です。

そんな感謝の
気持ちがお互いの根っこにあれば、きっと前向きに話し合えて、

そうそう大きなトラブルにはならないはず。

業者との打ち合わせは、見ず知らずの両者が相手を理解することから始まります。

お互いに、完璧な記憶力を持っているわけでもなければ、

相手の常識を、自分は非常識だと感じることもあります。

お互いを信頼して家づくりを進めるために、

どんな方法で記録を残していくのか。

あなたの一番いい方法を探してくださいね。

では
明日もあなたとお話できることを楽しみにしています。(●^o^●)

今日も
世界の全ての存在が平和でありますように
あなたの今が幸せでありますように
心よりご祈念を申し上げます。

今ここに
人生から与えられた使命を持ち
生きられることに
支えて頂く全ての存在に

感謝合掌(●^o^●)

+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+
ps. 今回の内容はいかがだったでしょうか?

もし、あなたがためになるとご判断いただけたなら、
この無料メールマガジンをお友達にご紹介下さい。
下記リンクから必要項目を記入していただくだけで登録できます。
↓ ↓ ↓
http://www.tokutake-kensetsu.co.jp/sumai-hiketu.html

登録いただいた
あなたの
メリットは
1・「誰でも使える資金計画」ソフト無料でプレゼント
長期ローンも安心して組めますね。
2・家づくりの
疑問や不安が解消されます。

3・あなたの
自由な時間に2分で読む事ができ有効に時間を使えます。

*:.。..。.:*・_(._.)_・*:.。..。.:*♪・。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です