【地球環境と幸せを考える長野市の工務店】あちらへぐぐぐぐっと、あちらからぐぐぐっと

【地球環境と幸せを考える長野市の工務店】あちらへぐぐぐぐっと、あちらからぐぐぐっと
     

おはようございます(●^o^●)

あなたは
秋の連休を楽しまれ
元気に一週間をスタートされましたね。
私も秋の味覚+名月+秋風を楽しみました。

体を十二分にご自愛され目の前の大切な人と共に
二度とない人生の今をお楽しみくださいね。

あなたの今が幸せに包まれますように
心からご祈念を申し上げます。

写真は
太陽恵みで暖房・発電・給湯・換気が出来る
OMソーラー 杜の家
ビオトープの庭に咲いているシュウメイ菊です。
   

今日もあなたと
お話できる幸せを心から感謝を申し上げます。

今日は
枝廣淳子の環境メールニュースをあなたにお読みいただきます。
・・・
この夏、伊勢神宮の遷宮の行事、お白石持ち行事に特別に参加させていただくこ
とができました。伝統的な行事に埋め込まれた「レジリエンス」の知恵を感じま
した。JFSニュースレターに書いた記事をご紹介します。

JFSのウェブサイトにはこの行事のようすの写真などがアップされています。
ぜひ写真付きで読んでいただけたらうれしいです。
http://www.japanfs.org/ja/join/newsletter/pages/033048.html

~~~~~~~~~~~ここから引用~~~~~~~~~~~~~~~~

【ニュースレター】20年ごとに建て替えることで永久を保つ - 伊勢神宮の遷宮
JFS ニュースレター No.132 (2013年8月号)

今年、伊勢神宮は20年に一度の式年遷宮を迎えています。国を挙げての大事な行
事です。「建て替えつづけることで永久の建築物にする」という発想は、世界に
も類を見ないものです。西洋型の発想で強いものを造るなら、堅牢な石やレンガ、
コンクリートを使うことでしょう。でも伊勢神宮では、材木を組んだだけのお宮
を建て替え、建て替えすることで、永遠をつくり出しているのです。同時に、宮
大工やさまざまな手工業者の技(御神宝や御装束など)もそのなかで伝承されま
す。

遷宮には、お木曳きとお白石持ちという、地域住民が参加する行事があります。

JFSのウェブサイトには
この行事のようすの写真などがアップされています。
ぜひ写真付きで読んでいただけたらうれしいです。
http://www.japanfs.org/ja/join/newsletter/pages/033048.html

1300年前から
日本人の祖先が営々として歴史を刻んだ伝統をあなたも体験しませんか?
神様が新居に10月に入りますが
来年の三月までは新旧の神殿を見ることが出来る様です。

(●^o^●)
私のメルマガ
「失敗しない家づくりの秘訣」も
お読みくださいね。
詳しくはここをクリックくださいね。
では、
あなたに明日も
お会いできることを楽しみにしています。

今日も
世界の全ての存在が平和でありますように
あなたの今が幸せでありますように
心よりご祈念を申し上げます。
今ここに
人生から与えられた使命を持ち
生きられることに
支えて頂く全ての存在に

感謝合掌(●^o^●)

太陽で
床暖房+換気+給湯+採涼する

長野県下NO1うれし徳武建設㈱
国が認める「低炭素住宅」長野市認定第1号

   

   

   

   

   
           


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です