◎「建築会社では教えてくれない住宅計画セミナー」長期優良住宅+住宅建築現場の今

261222長野市・うれし徳武・OMソーラー・木の家専門店・ゼロエネルギー・幸せ・地球環境・住宅計画セミナー
◎「建築会社では教えてくれない住宅計画セミナー」長期優良住宅+住宅建築現場の今

   

こんにちは(●^o^●)。今日は寒さが戻りホワイトクリスマスが近くなりました。
あなたはクリスマスプレゼント準備できましたか?私も光恵さんへサプライズします。

太陽の恵みで床暖房・給湯・発電・換気・採涼できるOMソーラー生活展示場 杜の家
室温21℃快適に過ごしています。写真のリースは手づくり人形教室の西沢先生の作です。

   

今日も
あなたとお話できる幸せに心より感謝を申し上げます。

   
写真は14日、
開催させていただいた「建築会社では教えてくれない住宅計画セミナー」の様子です。
14日午後13時30分より2時間ほど正しい住宅計画・資金計画・メンテナンス計画の
立て方など住宅ローンに精通しているファイナンシャルプランナー宮澤先生のお話で
今、考えておくべき「大切なこと」を貴方に15日からお伝えしています。

昨日は新築後30年間のメンテナンス計画書のお話でした。

「宮澤先生は政府の認定制度に従い地方公共団体(建築場所が長野市=長野市が)
が国が決めた性能評価制度の項目を第三者が技術審査し長野市などが認定します。
あなたの大きなメリットは国の低利な固定ローンの対象になる、税金の優遇、
補助金等があります。そして大切な30年以上の維持保全計画がありますので
あなたの快適な暮らしを支えますよ。」

あなたに今日は「長期優良住宅」の要点をお伝えしますね。
その中には7つの認定基準がありますよ。これは車の性能と同じように家の性能です。
少し難しい言葉がありますがごめんなさいね!

性能は政府の決めた住宅性能表示制度の基準を使用しています。

1・構造躯体等の劣化対策(劣化等級3以上)性能は数字の大きい方が良い!
2・構造躯体等の倒壊等の防止(耐震等級2以上)
3・維持管理・更新の容易性(維持管理対策等級3)
4・省エネルギー対策(省エネルギー対策等級4)
5・居住環境への配慮
6・規模の基準(床面積)
7・維持保全の方法の基準(維持保全計画を作成する)
以上です。

明日も先生に教えて頂いた
長期優良住宅の各項目のチェックポイントをお伝えしますね。

追伸:徳武にも今を見つめる「イマコレ・シート」あります。

☆次回「建築会社では教えてくれない住宅計画セミナー」は☆
☆来年2月8日(日)に開催します。☆

☆追伸:住宅建築現場の今

1・OMクワトロソーラー(太陽の恵みで暖房・発電・給湯・換気)で
エネルギー自給とふるさと信州環の住まい(木曽ヒノキ、北信濃杉を80%以上使用し)
社員大工の北山棟梁の現場です。
電気工事の吉田さんが家の中の各所に電気を分けている機械の工事中です。
      

2・設計管理の雫田さんが酒井棟梁と柱に使用する木曽ひのきを検品中です。
素晴らしい生産管理の工場で検品では外形、水分、強度を確認します。
その後に図面の番号に従い木の場所を記入して行きます。今回は師走で忙しくお客様の
参加はありませんでしたが十二分に確認しました。
      

3・昨日は解体工事担当の松木さんが重機の解体が終わりました。大雪もありましたが
工程で進みブロック塀の解体で工事は終わります。
   


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です