ソファのお手入れpart1

皆様お元気様です。
最近は、雪よりも雨になってきて
少し気温も上がってきています。
温度変化もございますが、体調には
気を使い過ごしてください。

本日は、ソファのお手入れについて
書いていこうと思います。

本革のお手入れQ&A
天然の皮革はお手入れを怠ると
角質化が起こり、革の劣化を
引き起こします。
日ごろからしっかりお手入れをし、
革本来の風合いを保ちましょう。

〇日ごろのお手入れは!?
本革素材のお手入れの基本は、
軟らかい布での乾拭きです。
こまめにホコリや汚れを
取り除き、カビなどを防ぎましょう。

〇定期的なお手入れは!?
革は油分を失うとひび割れが
起こりやすくなる為、3~6か月に
一度は革専用クリーナーでのお手入れを
心掛けましょう。
まず、クリーナーで汚れを落とし、
乾いた軟らかい布でしっかりふき取ります。
その後専用クリームなどで全体に
薄く塗布し、油分を補ってください。
クリーナーやクリームの使用は、
事前に目立たない部分で試し、変色が
無いかを確認してから使用しましょう。

〇汚れの落とし方は!?
汚れがついてしまったら、専用クリーナー
で適切にお手入れをしましょう。
長時間放置すると、汚れが染みついたり
変色する可能性があるので、
なるべく早く対応しましょう。
クリーナーは革に直接塗るのではなく、
少量布などにとって汚れた部分を
中心にふき取ります。
汚れが落ちたら乾いた布で乾拭きしてください。
シンナー、ベンジン、中性洗剤などの
使用は避けましょう。

〇脚部やアームレストが汚れたら…..
木製や金属製の部分は基本的に、乾いた
やわらかい布で拭きます。
水拭きする場合は、固く絞った布で
汚れを拭きとり、水分が残らないように
必ず乾拭きしてください。
なお木製部分のアームレストに熱いものや
水滴の付いたグラスなどを、直接置くと
輪染みの原因になるので注意しましょう。