|長野市|木の家|花壇・小径のオリジナル

花壇・小径いろいろな物

洋風レンガの花壇はいかがですか!?
レンガの花壇づくりのポイントは、
事前にレンガを気泡が出なくなるまで
水に浸けておくこと。
こうするとレンガとモルタルのつきが良くなり
作業がしやすくなります。
レンガは水平器を使って、水平を確認しながら
敷き、セメント1、砂2の割合で固めて作った
モルタルを塗りながら交互に積み重ねていきます
お好みの大きさに仕上がったら、土を入れ、
色とりどりの花をたくさん植えて
楽しみましょう。

みかげ石で作る情緒豊かな小径
みかげ石の敷石や丸形の飛び石を使った小径は
庭に情緒をかもしだし、落ち着いた雰囲気を
演出してくれます。
角型の敷石なら和風・洋風どちらの庭にも合い
丸形の飛び石は、周りに砂利を敷き詰め、
高級感ある日本庭園づくりに最適です。

あると便利用品

〇土留めフェンス
土留めフェンスには、地面に差し込むタイプ、
自立するタイプ、高さ調整できるタイプなどが
あります。設置する場所に合わせて選びましょう

〇花壇フェンス
木製、鉄製といろいろな材質が揃い、
色やデザインも豊富です。
地面に差し込むだけで素敵な花壇が出来ます。

〇レーキ
整地や落葉かきなどに活躍するレーキは
ガーデニングの必需品。
昔ながらの竹製のもの、ステンレス製のもの
などがあります。

〇バークチップ
樹皮からつくられるバークチップには、
雑草の発生を抑える、土壌の乾燥を防ぐ
見た目がおしゃれなどの特徴があります。
土にかえるので自然にも安心。
庭のアクセントに利用してみてはいかかでしょう。

〇防犯ジャリ
踏み込むと音が出るように工夫されている
ジャリです。住居周りに敷き詰めると、
効果が期待できます。


〇2級建築士
福祉住環境コーディネーター
暮らし省エネマイスター
一生おつきあい係の小林勇太でした。
今週も新入社員の石井君と共に
OB客さまの
笑顔あふれる暮らしを
心を込めて
テイネイに敏速に支えます。