長野市|木の家|メンテ|犬|

こんにちは。
最近、OB客様の家を訪問させて頂くと
犬さんなどがが
同居されているご家庭が増えています。

日本国内だけで1,000万頭以上飼育され
ているという犬。
その8割以上が室内で過ごしています。

「賃貸では好きなペットを飼えないから」
という理由で
新築を決意する人も多いんです。

ペットは、
日々の生活の中で癒しを与えてくれたり、
家族や地域の人とのコミュニケーション
のきっかけになるなど、
人間の精神面に良い影響を与えます。

中には、体を動かす習慣をつけるために
犬を飼う人もいるとか。
これからもきっと多くのペットが
飼育されることになるでしょうね。

ところで、
室内で飼育されている犬にとって、
一番の問題点は「床」です。
日本で新築されている家の床は、
合板フローリングが多いのですが、
これが犬にとっては固い上に滑りやすく、
腰を傷める原因になっています。

また、
高齢になった犬は、
肉球の水分が減ってくるので余計に
滑りやすく、
体を支えるために腰に
負担がかかっている状況です。

室内犬の8割が、
そんな症状で苦しんでいるといいます。
なんとかしてあげたいですね。

新築してから
犬を飼おうと思っているのなら、
ムク材やペット用のクッションフロア
など、足に優しい
素材の床材を使ってください。

徳武の床は
木曽ヒノキのムク材が標準!

健康面から見て、
一番いいのはムク材なのです。
しかし、
ムク材は合板よりメンテナンスが
大変です。
ですから、どれだけメンテナンスに
時間を割けるかを考え、それに合わせて
使い分けるといいでしょう。

家族に良い影響を与えるために
飼うペットですから、
長い間元気に過ごしてもらえるよう、
床材には注意してあげましょう。

犬を飼い始めた人が一番苦労するのが、
病気やけがの対応だとか。
忙しい飼い主の場合、重症化するまで
気付かないことがあります。

それを避けるために、
最初の床材選びは重要です。

日増しに暑さが増してきます。
十二分にお身体をご自愛ください。

〇2級建築士
福祉住環境コーディネーター
暮らし省エネマイスター
一生おつきあい係の小林勇太でした。
今週も新入社員の石井君と共に
OB客さまの
笑顔あふれる暮らしを
心を込めて
テイネイに敏速に支えます。

****************