お引き渡し後の定期点検

こんにちは、築2ヵ月点検
OMソーラー
信州健康エコ住宅木の家
長野市篠ノ井Uさん宅へ伺いました。

*訪問内容
お引き渡し後の定期点検
(木製デッキなど)

*現状と対応
1・2階収納の扉の反り ローラーキャッチが掛かりにくい
>建具屋さん相談 真ん中にもキャッチ設置?

2・1階レンジフード 強運転時にガラガラ音がする

ダクト内部確認した所、レンジフードの風圧シャッターと思われる部品
(ダンパー部分)が出てくる取り外し後は音しない!


>タカラへ依頼 原因確認や補修必要
3・キッチン西面カウンター 扉付けたい
猫が歩いたり、中に入ってしまう
鍵付きにしたい(鍵が無いと引き戸でも開けてしまう)
対応方法検討 見積もり必要

4・OM操作について説明

5・木の反りなども有るが、止めている釘が少し短い

>釘を抜いてステンビス75mmにて固定

*お客様の声
木製デッキ
早速の対応に安心しました。
毎日、快適に暮らしています。
OM操作の理解も進みました。
ありがとうございます。

*アドバイス
木の家は住まわれて2年ほどは
室内湿度の影響で木材が乾燥し
ひび割れ、反り等が起こります。
気になるようでしたら。早めに
施工店へ連絡お願いします。

最近、
木の家と宣伝する
住宅会社さんが多くなりました。
しかし、
乾燥しない木材を使用されていないと
クロスなどで
見えない部分で変化が起こります。

特にコスト、気密性を上げる為に
ウレタン樹脂を現場で発泡させる住宅会社は
引渡し後に
木材と断熱材の間に木材の収縮で隙間が出来て
断熱性、気密性能に重大な影響が出ます。

ウレタン断熱が木材に付いていると
将来の建物を解体する時の莫大な
処理費がお子様の負担になります。

暮らしの上でも
ウレタンの物質に包まれ空気質に
疑問があります。
安い!早い!簡単!に注意ください。

*2級建築士
福祉住環境コーディネーター
暮らし省エネマイスター
一生おつきあい係の小林勇太


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です