外壁塗装の役割

皆様こんにちは!
本日は、外壁塗装の事について
書きたいと思います!

住まいの顔とも言える大事な外壁は、
外観を美しく見せる一方で、
風雨や太陽光線、気温の変化などにも
さらされ、汚れや劣化が進みやすい環境に
あります。何の手入れもせずに、
傷みやひび割れを放置しておくと、
ひび割れが悪化したり、表面をこすった時に
白い粉が出たり(チョーキング)、
さらには水が浸み込んで内部が腐食、
なんてことにもなりかねません。
逆に、定期的なメンテナンスと
しっかりとしたリフォームを
行っていれば、数十年単位で
使うこともできます。

外壁塗装の役割

住宅の外壁に使われている素材は、
モルタル(砂とセメントと水を混ぜたもの)や、
呼ばれる、ボード状の外壁材が一般的です
(他にもALC、トタン、タイル、板張りなどが
あります)。外壁の下地は、
塗装による皮膜で守られていますが、
年月とともにこの塗装は劣化し、
はがれたり、ひび割れたりします。
皮膜が破れると下地にまで影響が及び、
柱や土台といった住居の構造部分まで
劣化させてしまうこともあります。

外壁塗装の工事には、
もちろん住宅をきれいに見せる
効果があります。しかしそれだけではなく、
外壁の塗装膜の性能を維持し、
家の構造と寿命を長持ちさせること、
ひいては資産価値を高めることも
目的になるのです。

DIYで出来ることは
少なからずあります。
小さなモルタル壁のひび割れなら、
充填材を購入して自分で修繕する
こともできます。また、サイディングの
継ぎ目の部分が劣化していたり、
ひび割れたりしている場合も、
充填材で修繕可能です。

ただしシリコンのシーリング材は
塗装が乗りにくいという性質があるため、
外壁塗装の時に追加料金が発生する
可能性があります。
ウレタンか変性シリコンのものに
したほうがよいでしょう。

参考になりましたか!?
ぜひ外壁塗装でお悩みの方は
ご連絡ください!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です