|長野市|木の家|ガルバリウム

本日は、ガルバリウム鋼板の外壁の
特徴や、メンテナンスについて書きます!

〇ガルバリウム鋼板の特徴
1.錆びにくい
金属系サイディングボードは軽くて
丈夫なのにさびやすい、というのが
デメリットなのですが、ガルバリウム鋼板は
金属で出来ているにもかかわらず非常に錆びにくいです。

その錆びにくさはトタンなどの数倍以上と言われています。
建物が錆びるというのは、外壁が剥がれたり、
大きくひび割れてしまうのと同様に非常に
美観を損ないますし、さびがあるだけで古びた印象の
家になってしまうので、
錆びが起こりにくいというのは
金属製の外装材として優れていると言えます。

2.高寿命
トタンは10~20年経つとぼろぼろになってしまい、
交換しないと家を守る事が出来ないぐらい
劣化してしまい(寿命が短い)、
外壁リフォーム工事が必要となります。
しかし、ガルバリウム鋼板は金属製の外壁材としては
寿命が長く、20~30年以上もつと言われています。

〇メンテナンス方法
ガルバリウム鋼板の日々のメンテナンス方法は簡単で、
定期的に水をかけてあげるというものです
。一年に一回でも良いですが、
雨が降った後などに外壁を見て
、泥がはねているようであれば、
水洗いしてあげるようにしましょう。
また、潮風が来やすい沿岸沿いの地域や、
酸性雨が降るような地域の場合、
一ヶ月ごとや三ヶ月ごとといった具合で
もっと頻度を増やしましょう。

*アドバイス
最近は、共稼ぎのご家庭が増えて
私たちへの連絡も土日が増えています。

土日は、メーカー対応が出来ないので
水の音・振動・臭い・機械音
このような事を点検の目安にし
日常点検を行ってみてください。

〇2級建築士
福祉住環境コーディネーター
暮らし省エネマイスター
一生おつきあい係の小林勇太でした。
今週も新入社員の石井君と共に
OB客さまの
笑顔あふれる暮らしを
心を込めて
テイネイに敏速に支えます。